丸山智己がモデルから俳優に転身?!実際の性格はどう?

111001

 

どうも、こんにちは!

 

最近年上の渋メンに弱いパンチング・プリンセスです♪

 

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

きょうは、ドラマで映画で大活躍の 丸山智己 さんの意外な一面を紹介しましょう。

 

出演作品も少し振り返りますよ。

 

ぜひ、ご覧ください!

 

 

丸山智己さんのプロフィール

 

111002

 

では最初に丸山智己(まるやま・ともみ)さんのプロフィールを簡潔に紹介しましょう。

 

○生年月日 1975年3月27日(41歳)

○出身 長野県

○血液型 O型

○身長・体重 185センチ、71キロ

○趣味・特技 サーフィン、テニス、相撲観戦、料理、バレーボール

○栄養士の資格を取得している。

○所属 俳優(cube) モデル(ギグマネジメントジャパン)

 

 

小学校、中学校では柔道を習い、高校時代はバレーボール部に所属。

 

丸山智己さんはスポーツマンタイプなんですね。

 

最初は俳優ではなくモデルとしてスタート。

 

そして2003年にJTセブンスターのポスターで注目を集めます。

 

丸山智己さんはモデルをやめて役者になったわけではなく、俳優とモデルの両方の仕事をしています。

 

ドラマでもヒット作に印象深い役で出ていますね。

 

『絶対零度』(2010年・フジテレビ)では、塚本圭吾刑事(宮迫博之)とすぐに衝突する深沢ユウキ刑事(丸山智己)を熱演。

 

111003

 

2016年は立て続けに多くのドラマに出演しました。

『コントレール~罪と恋~』(NHK)では、妻の文(石田ゆり子)を裏切り、若い圭子(桜庭ななみ)と不倫してしまう夫の役。

不倫はいかんですよ★

 

111004

 

『世界一難しい恋』(日本テレビ)では、ほかに意中の人がいた白浜吾郎(丸山智己)が、堀まひろ(清水富美加)の猛アタックに折れ、見事カップル成立!

 

111005

 

年の差婚ですね。

 

ほかにも『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ)や『石川五右衛門』(テレビ東京)に出演。

 

映画でも大活躍。

『20世紀少年』や『カイジ 人生逆転ゲーム』『るろうに剣心』『アンフェア』など話題作に出演していますね。

 

舞台でも蜷川幸雄さん演出の作品に出ています。

 

好きな季節は秋。

 

名脇役の丸山智己さんは、どんな作品でも存在感がキラリと光ります。

 

モデルから俳優へ転身?!

 

111006

 

モデル時代の丸山智己さんは、ショーや雑誌等で仕事をしていました。

 

幸運にも大谷健太郎監督が丸山智己さんのポスターを見て、映画『NANA』に抜擢。

 

でも、丸山智己さん本人が心の底から役者をやろうと決めたのは、とある舞台でした。

 

生瀬勝久さんと古田新太さんの舞台を観劇し、魅了されたんです。

 

何というエネルギー。

 

何という存在感。

 

丸山智己さんは、自分の中にも無限の可能性があると信じ、俳優をやろうと決心しました。

 

それにしても、役者の中でも特に強烈な個性派の二人と出会ってしまったんですね。

 

やはりこれも幸運でしょう。

 

劇場内の空気を変えてしまうほどの生瀬勝久さんと古田新太さんのパワー。

 

進路を決める忘れ得ぬ出会いだったんですね。

 

丸山智己さんは、青木崇高さんと自分たちの劇団を立ち上げたりしました。

 

芝居が根っから好きなんですね。

 

この劇団は解散してしまいましたが、丸山智己さんの芝居に懸ける情熱は相当なものです。

 

悪役が多いと言われているけど実際は?

 

111007

 

2005年公開の映画『NANA』では、スキンヘッドにサングラスで凄みをきかせる体当り演技。

 

サングラスをかけると丸山智己さんだとはわかりませんね。

 

何しろ185センチの長身にスポーツで鍛えた肉体。

 

目つきも鋭いし、悪役は似合いますね。

 

悪役は迫力がないといけませんから。

 

111008

 

でも最近は、悪役ばかりということはないですね。

 

一時期、悪役が続いた頃、人に嫌われたりしたこともあるとか。

 

そんな殺生丸な。

 

鶴瓶さんも地方へ行った時、突然見知らぬおばあさんに肩を思いきり叩かれて。

 

「あんた、しっかりしなさい!」

 

何のことかとよくよく話を聞いてみると、ドラマで情けない役を演じた時でした。

 

「役やないか」と笑いながら怒る鶴瓶師匠。

 

山下真司さんも『スクール☆ウォーズ』で得た人気を、『男女七人秋物語』で全て失いましたからね。

 

ヒドイ・・・演技が上手過ぎる人は嫌われる覚悟が必要かも。

 

遠藤憲一さんなんかただの悪い人と思われていましたが、最近はいい役ばかりなので人気急上昇。

 

丸山智己さんも最近いい役が多いので、大丈夫でしょう。

 

悪役も善人も行ける丸山智己さんは、実際はどんな性格なのか?

 

それはもう、芝居のことを徹底的に研究し、役作りにとことん燃える努力家です。

 

謙虚で真摯に物事に取り組む性格だと思わせるインタビュー記事がありましたね。

 

「苦悩の30代を経て、ようやく今の自分と向き合えるようになった。40代は自分を解放して、余裕のある懐の深い大人の男を目指したいです」

 

スポンサードリンク

 

 

イクメンの噂は本当なの?

 

111009

 

丸山智己さんは、一般の女性と結婚しました。

 

特に派手に記者会見して発表したりしないところが、芸能人ぶらない性格を感じます。

 

子供も3人で、2男1女です。

 

最近主婦の間でひんしゅくを買っている「偽イクメン」もいるから騙されてはいけません。

 

お母さんは子供を育てるのが当たり前だと世間から思われているので、子育てをして褒められることはまずないです。

 

本当はお父さんも子育てするのは当たり前なんです。

 

でも日曜日に外で息子とキャッチボールしただけで近所から「イクメン」と褒められる。

 

これは奥さんも納得いかないでしょう。

 

でも、丸山智己さんは、どうやら本物のイクメンのようです。

 

子供たちを連れて電車に乗り、お台場へお出かけ。

 

仕事以外でもフジテレビへ行き、自分の仕事場を見せるのは良いことでしょう。

 

でもそれだけで「イクメン」と判断するのは早いです。

 

実は娘から「今夜はパパと寝る」

 

お風呂上りに「髪の毛乾かして」とママではなくパパにせがむ。

 

テレビを見ていてもパパの腕の中でウトウトするかわいい娘。

 

これは日曜日だけではなく、常日頃から子供と接している証拠。

 

何より、娘が父親に愛されていると安心しているというのが素晴らしい。

 

まさに丸山智己さんは「本物のイクメン」のようですよ。

 

2016年11月12日(土)から全国ロードショーの映画『ミュージアム』

 

主演の小栗旬さんと同じ捜査一課の刑事役で、丸山智己さんも出演します。

 

どんな役でも演じられる丸山智己さんは、今後も活躍が続いていくことでしょう。

 

スポンサードリンク

 

この記事から得られた恋愛学

 

ドラマ『世界一難しい恋』で、まひろはずっと切ない片思い。

 

憧れの吾郎係長にとってまひろは眼中になく対象外。

 

ある日、吾郎係長の意中の人が誰だかわかってしまいます。

 

しかも知っている人で意外過ぎる相手に大ショックを受け失恋のヤケ酒。

 

でも同僚の美咲(波瑠)に励まされ、諦めるのはまだ早いと思い直し、吾郎係長に優しく接します。

 

そしてついに吾郎係長を振り向かせ、二人は結ばれるのでした!

 

恋愛の悩みは一人で抱えてしまいがちなので、恋愛相談できる人が一人でもいると良いですね。

 

結婚後こそ悩みや相談したいことが増えると思いますので。

 

親身になって話を聞いてくれて口が堅い相談相手は貴重な存在です☆

 

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ